田川郡で既存ブロックの解体と新設工事

皆さまこんにちは、造成・土木・外構・解体工事を行っている次谷建設です!
最近は大雨のニュースが多いですが、そろそろ台風の季節もやってきますね。大型の台風となると、劣化している外構物の倒壊事故も大変危険です。お住まいのブロックやフェンスが倒れかかっている…なんてことのないようにしておきたいですね。

さて今回は、そんな話にも通ずる工事のご依頼がありました。まずは写真を見ていただきましょう。

この写真、なんだか分かりますか?木を支えているわけではありません、倒れかけているブロックを支えているのです…このままでは非常に危険ですよね。他にも「木や草が絡みついて手入れができず、困っている」というお悩みもお持ちでした。

かなり生い茂っています。これはお手入れが大変…というか恐らくできません。ブロックが劣化している上に、草木が生い茂ってメンテナンスできないとなると、台風の時期に倒壊してしまう危険があります。そのためお客様からは、既存ブロックの解体と新たなブロック設置のご依頼を承りました。

ここからが土木・外構に精通している次谷建設の腕の見せどころです!まず、倒れかけていたブロックは一度解体し、新たなブロックを施工します。

別角度からパシャリ。

さらにお住まいが道路側ということもあり、近隣からの目隠しとしてフェンスを設置します。

草木が生い茂っていた場所もここまでスッキリとした見た目になりました。

ブロック工事は基礎からしっかり工事を行うことが大切です。これでもう倒壊の心配はありませんね!一面ブロック塀となると圧迫感が大きいので、多少抜けのあるフェンスを設置することで、ある程度の開放感とプライバシー確保の両立を図れています。

見た目もスマートなフェンスなので、カーポート回りでも違和感がありません。機能性と美観のバランスは大切ですね。

なにはともあれ、本格的な台風の季節に突入する前に工事を終えることができ、お客様も大変ご安心いただけたご様子でした。

外構物の倒壊で通行人に怪我を負わせてしまった場合、その敷地の方の責任を問われてしまいますから、皆さまもご注意くださいね!「そういえば…」とお心あたりのある方はお気軽に次谷建設までご相談ください!


一覧ページに戻る