田川郡にて新築物件の土間工事(土間打設前編)

ブログをご覧のみなさま、こんにちは。次谷建設です。
以前ご紹介しておりました、新築住宅での土間工事について今回もご紹介したいと思います。

土間打設を行うにあたって、下地づくりは大切なパート。
これはクラッシャー(砕石)と呼ばれるものを敷いている様子です。

このクラッシャー、実はみなさまも目にしたことがあるものなんです。例えば電車の線路に敷かれている大小さまざまな形の石。
あれもクラッシャーです。

土間コンクリートにクラッシャーを敷くと、力が分散され土への負担が均一化されるので、沈み込みを防げます。
また、水のシミ上り防止にも繋がるため、欠かせない工程になっています。

一方、これは下地としてメッシュを引いている様子

メッシュの下地はコンクリートの密着性が上がり、コンクリートの強度が増します。これによって、重量のある車などが取ってもコンクリートが割れにくくなるため、クラッシャーと同じく重要な工程です。

今回は下地の重要性についてお伝えしました。普段は見えない部分ですが、一切手を抜かず丁寧に施工していくのが次谷建設のこだわりです。
こうした工事をお考えの方は、ぜひお気軽にご相談ください。


一覧ページに戻る