【いよいよ土間工事】保育園の新築工事(外構編)

いよいよ保育園での工事も、土間コンクリートに差し掛かりました。
ポンプ車で打設をしていきます。

入口にポンプ車を置き、
配管をジョイントして伸ばすことで遠距離まで施工が可能になります。

今回の施工の場合、普通に打設を行えば効率が悪く、その分金額が高くなるので、
ポンプ車で効率よく施工を行いました。

また2枚目の写真で、
従業員が持っている黒いホースは『バイブレーター』と呼ばれるものです。

生コン(やわらかなコンクリート)を振動させ、
「しめがため」という作業を行うのに使用されます。

次谷建設では高周波のものを使用しているので、
生コンが流れるのが速く「しめがため」には適しているため使っています。


一覧ページに戻る