ブロック工事

ブロック塀は、外構構造物として使用され、プライバシーの保護や防犯・防火対策として今でもよく使われています。
しかしブロックが壊れていたり、 ひびが入っているお住まいを見かけることは少なくありません。

ブロックを綺麗に整えることで、住まい全体の印象が引き締まり、高級感のあるイメージを見る人に与えることが可能です。
コンクリートブロックには、一般的な無地のブロックの他に、 透かしが入った「透かしブロック」、表面を加工した「化粧ブロック」などがあります。
設置工事から補修まで次谷建設にお任せください。

コンクリートブロックの種類

□無地のブロック
無地のブロックはメンテナンスも比較的少ない頻度で問題ありません。
風通しなどの問題も、下にある「透かしブロック」を組み込むことで改善可能です。
敷地面積が狭く、塀が高い場合などは、圧迫感が出てしまいますので、その点は注意が必要です。

□透かしブロック
無地ブロックで全てを囲ってしまうと、風通しが悪くなる為、この透かしブロックが部分的に使われます。
またアクセントを付けるという意味でも使われることがあります。
コンクリートブロックに穴を空けているという構造上、どうしても強度が落ちてしまいますので、適度な間隔を設けて設置していきます。

□化粧ブロック
化粧ブロックとは、門柱や塀の化粧部分に使うために骨材や染料を混ぜて、見栄えを良くしたブロックです。
通常のコンクリートブロックよりも骨材の密度が高く、重量があります。
様々な模様がついている商品があり、ただ積み上げただけできれいな壁面が出来上がります。

一覧ページに戻る