解体工事

次谷建設では外構工事の他、木造建造物の解体工事にも対応しています。
住宅やアパートなど、中小規模の建物に多く見られる木造建築。
築年数が経っている建物の場合、建築様式が大きく異なる場合もあるため、事前に適切な工法を見極め施工いたします。

お住まいの建て替えや土地売却、駐車場の経営など、お客様の目的はそれぞれです。
今後の土地活用を考慮し、安全で丁寧な解体工事を心がけております。

解体工事のポイント

□工事範囲の明確化
解体工事の際は、建物の場所・構造・広さ、ご要望などに応じて費用が決まってくるため、工事範囲を明確にしておくことが重要。
建物前の道路状況や、物置などがあるかどうかでも費用は大きく変わってきますので、現地調査やヒアリングを充分に行ったうえで工事の提案をいたします。

□地中埋設物、井戸、吸い込みによる追加工事
地中埋設物は、建物の地中に埋没している、以前の建物の基礎や浄化槽などのこと。
地中埋設物の有無は解体工事を進めていかなければわからないため、発見する度に追加費用が発生します。
建築図面などがある場合は、外側から見えない部分の確認にも役立ちますので、前もって準備されることをおすすめします。

一覧ページに戻る